嫌いな同僚には「話をつまらなくする『さしすせそ』」を使ってストレス回避!

嫌いな同僚には「つまらない人」と思われよう!

嫌いな同僚が1人でもいると、それだけでストレスを感じて、毎日職場に行くのが憂鬱になりますよね。

心優しいあなたは、キッパリ態度に出せなくて困っているのではないでしょうか?

嫌いな同僚を遠ざける方法は簡単です。

相手を見返したり、攻撃する必要はありません。

相手に「つまらない人」だと思ってもらいましょう。

特に悪口で盛り上がりたいタイプの同僚には効果てきめんです!

嫌いな同僚があなたに興味をなくし、自分から離れてくれれば、波風を立てず心穏やかに働くことができますよね。

話をつまらなくさせる「さしすせそ」

世の中には男性の心をつかむ「さしすせそ」なんてものがあるらしいですね。

相手を褒め、話を膨らませることで、心をつかむテクニックなんだそうです。

嫌いな同僚相手には、その逆の「話をつまらなくさせる『さしすせそ』」を使います。

嫌いな同僚が話を振ってきたら、次の「さしすせそ」を使って相づちを打ちましょう。

  • さぁ…どうでしょう
  • 知らないです
  • すいません
  • せっかくですけど…
  • そうなんですねー

どうですか?

話、ふくらまなさそうですよね!(笑)

ポイントは、こちらから質問は絶対にしないこと!

「そうなんですか?」と疑問形にせず、「そうなんですね~」で会話を終わらせましょう。

同僚がめげずに話をやめない場合は、さしすせそを延々ループでOKです。

「いい人」をやめると、とっても楽になる!

ここまで読んで、あなたはこんな風に思っていませんか?

「人によって態度を変えるのはちょっと・・・」

逆に自分が嫌な人だと思われてしまうんじゃないか?」

実は、自分をストレスから守るためには、「いい人」をやめるのがとても大事なんです。

嫌いな同僚と距離をとったからといって、あなたの心が汚れたり、人間性が歪むわけではありません。

「嫌いな同僚への意地悪」と考えずに、「自分の心身の健康を守る処置」ととらえましょう。

夏場、蚊に刺されないように虫よけスプレーをしたり、日焼けしないように日傘をさすのと同じですね(笑)

もちろん、仕事で助けてもらったときはしっかりとお礼をする、すれ違ったら挨拶をするなど、最低限のマナーは守りましょう。

上手くいかない場合は、相談に乗ります!

コミュニケーションに正解はありません。

どうすれば円滑なコミュニケーションが取れるかは、職場の環境や同僚の性格、そしてあなたの性格によっても変わります。

そこで、今回ご紹介した方法が上手くいかない場合は…

私、社内雑談インストラクター ひかり が無料で個別のメール相談に乗ります!

1人で悩まないで、お気軽に相談してくださいね。