好きな同僚から好かれて、その他の同僚からは嫌われない方法

「同僚みんなから好かれる」のは難しい

年齢も性別も、育ってきた環境も違う、色んな人が集まる会社。

全員から好かれる、というのはなかなか難しいものです。

あなたが今、漠然と「同僚に好かれたい!」と思っているのなら、まずは『同僚』とひとくくりにせず、『同僚のうちの誰』から好かれたいのか、考えてみましょう。

そして、次のような行動を起こしていくんです。

好かれたい同僚⇒好かれるための行動

その他の(好かれなくてもいい)同僚⇒嫌われないための行動

好きな同僚に好かれるための行動

  • 「ちょっとした時間」に話しかける
  • 相手をいたわる言葉をかける
  • 相手といるときは「嬉しそうな感じ」を素直に表現する
ポイント
「多少緊張はするけど、これならできそう!」と思えるものを実践しましょう。

無理なく自然にできるものほど、相手から受け入れてもらいやすいです。

その他の同僚に嫌われないための行動

  • あいさつはしっかりとする
  • 相手が困っている時や、具合が悪そうな時は声をかける
  • ウワサ話や陰口には耳を貸さない(「へぇ~」で十分)

「好かれたい同僚」と「その他の同僚」で、あからさまに態度の差をつけると、少し感じが悪いですよね。

大人としての最低限のマナーを守り、同じ職場で働く仲間としてお付き合いましょう。

同僚に好かれるには、力みすぎないことがポイント

「この人に好かれたい!」と思うと、ついつい方に力が入ってしまいがち。

そこで、次のようなことを意識しておきましょう。

①話すときは相手と同じくらいの温度感

相手をはるかに上回る熱量で話してしまうと、「この人めっちゃ話しかけてくるな~」と引かれてしまうことがあります。

オーバーすぎるリアクションや弾丸トークは避け、相手と同じくらいのトーンでお話ししましょう。

②話しかけるときは、あくまでさらっと

もしあなたが人に話しかけるのが苦手でも、ガチガチに緊張していては、相手も身構えてしまいます。

緊張していることを悟られないよう、さらっと話しかけましょう。

話しかける頻度も、1日1回程度の「少なめ」を意識します。

③褒めすぎないように気をつける

いくら相手がすごい人でも、「褒めすぎ」には注意です。

あなたが本心から言った言葉でも、過度に褒めすぎることで、「お世辞だ」と思われてしまうことがあります。

「何か裏があるんじゃないか…?」と思われないためにも、相手を褒めるのはほどほどにしておきましょう。

上手くいかない場合は、相談に乗ります!

コミュニケーションに正解はありません。

どうすれば円滑なコミュニケーションが取れるかは、職場の環境や同僚の性格、そしてあなたの性格によっても変わります。

そこで、今回ご紹介した方法が上手くいかない場合は…

私、社内雑談インストラクター ひかり が無料で個別のメール相談に乗ります!

1人で悩まないで、お気軽に相談してくださいね。