職場の後輩とコミュニケーションが取れない!「カベ」の見つけ方と壊し方

後輩とあなたの間を隔てている「カベ」を見つけよう

後輩と上手くコミュニケ―ションが取れない時、まずは後輩のなかで何かが「カベ」になっている可能性があります。

あなたが当たり前だと思っている会社の方針やルールが、後輩にとっては理解できないものだったり

そもそも働くということに対してのやる気が低かったり

新しい環境が怖くて萎縮してしまい、頭が全然回っていなかったり…

考えられる原因はさまざま。

後輩自身、「なんか上手くいってないけど、どうしたらいいかわからない」と悩んでいるかもしれません。

あなたは先輩としてこんな言葉をかけて、「カベ」を後輩と一緒に見つけてあげましょう。

『最近、仕事にやりづらさとか感じてない?

 

私は実は感じていて、でも原因がわからないんだよね。

 

○○さんと私、どうやったらうまく連携できるのか、一緒に考えてみない?』

ポイント

先輩であるあなたの前では、後輩は表面上の回答を返してくる可能性が高いです。

 

「やる気が出ないとかでも全然いいから、腹割って話そう」など、本音で話してもらえるよう促してみましょう

「カベ」を見つけたら、どうやって壊せばいいか相談しよう

カベの壊し方一例
会社の方針やルールが理解できない
「みんな当たり前に守ってるけど、確かにちょっと偏ってるよね」と歩み寄りつつ、ルールを守ることのメリットを教えてあげる

 

働くことにやる気が出ない
「無理にやる気満々で働く必要はないけど、仕事はスムーズに進んだ方がストレスが少ないよ」(「楽しい」ではなく「快適」欲求を刺激する)

 

新しい環境が怖くて萎縮してしまう
「言い方がきついことがあるかもね。ごめんなさい。
怖がるなって言うのも難しいと思うから、少しずつ慣れていこう。」と自分を振り返りつつ、
「勇気を出して言ってくれてありがとう。」と、本音でしゃべってくれたことを評価する

注意!
「常識」や「根性」を持ち出すのはNG!

 

「仕事をスムーズに行うことで、後輩自身が得られるメリット」を、頭で理解してもらうことが重要です。

カベ壊れたら、いざ仕事!

仕事中は、後輩に対して「言葉のケア」をすることが効果的です。

シチュエーションによって使い分けてみましょう。

「言葉のケア」一例

後輩から意見をもらうとき

「言葉選ばなくていいから、言ってみて」
※そもそも言語化するのが苦手で時間のかかる後輩なら、紙に書いて渡してもらう

 

理不尽なルールで仕事をやってもらうとき

⇒「○○さん、こういうの嫌いでしょ(笑)まぁ、ほどほどに頑張ろう!」

 

後輩がミスをしたとき

⇒「もう起こっちゃったことはしょうがない!教えた私にも原因があるかもしれないから、おさらいしてみよう」

ポイント
「優しくしてあげる」のではなく、「論理的に話す」という姿勢で挑もう

威圧したり恐怖感を与えると、後輩がパニックを起こしてしまい、結果仕事が滞ります。

 

相手に理解を示し、柔軟に指導したほうが合理的です。

 

「なんでこうなっちゃったの?」は禁句!

もし原因を後輩自身がわかっているなら、そもそもミスをしていないはず。
相手を問い詰めても答えは出ません。

 

原因と予防策をお互いで「相談」した方が合理的です。

「客観的な視点」さえもっていれば、優しくてもなめられない先輩になれる!

やさしく淡々と説明する方法って、「後輩からなめられるんじゃないか」と不安になりますよね。

でも大丈夫!

何を言っても冷静に客観的にアドバイスをくれる先輩は、人として尊敬されます。

人として深みがある、素敵な先輩になりましょう♪

上手くいかない場合は、相談に乗ります!

コミュニケーションというものに正解はありません。

どうすれば円滑なコミュニケーションが取れるかは、職場の環境や後輩の性格、そしてあなたの性格によっても変わってきます。

そこで、今回ご紹介した方法を試しても上手くいかなかった場合は…

私、社内雑談インストラクター ひかり が無料で個別にメール相談を受け付けています!

  • 頭ではわかってるけど、どうしても行動に移せない
  • どうやって実践したらいいかわからない
  • やってみたけど効果がない

こんなお悩みを抱えているあなた、1人で悩まないで、お気軽に相談してくださいね。