後輩指導が上手くいかずストレス・・・あらゆる「思い込み」を手放そう!

後輩指導がうまくいかないのは、あなたのせいでも後輩のせいでもない

もちろん、あなたの説明の仕方が回りくどいとか、後輩が何度も同じミスをするとか、そういった細かい点はありますが、どちらか一方が悪いということはありません。

後輩指導とは、「後輩の独り立ち」を2人で成功させるミッションなのです。

つまり、あなただけが一生懸命頑張っても成功しません。

後輩指導が思うようにいかないからといって、責任感を感じすぎたり、逆に後輩のせいにするのはやめましょう。

「なぜできないのか?」は後輩に聞かず、一緒に考える

「後輩の独り立ち」という2人のミッションを成功させるためには、何をおいても「相談」することが大切です。

あなたが教えた仕事を後輩が上手くできなかったとき、その原因と上手くいく方法を2人で相談して探っていくのです。

なぜ上手くできなかったのか?
  • あなたの教えるときの言葉が、後輩にはわかりにくかった
  • わかっていないのに、わかったような返事をしてしまった
  • 緊張で後輩自身でもよくわからないことをしてしまった
  • 他の仕事で教えてもらったこととごっちゃになってしまった

原因がわかったら、改善方法も2人で相談して決めましょう。

「これはできて当たり前」という思い込みを手放す

後輩指導で気をつけたいのが、「これはできて当たり前」というあなたの思い込みを、後輩に押し付けてしまうことです。

  • なんでメモとらないの?
    ⇒ メモの取り方がわからないのかもしれない
  • なんで決められた時間に終わらせられないの?
    ⇒ 時間の管理の仕方がわからないのかもしれない
  • なんでわからないのに聞きに来ないの?
    ⇒ 質問の仕方を知らないのかもしれない

世の中には、色々な事情を持って生きている人がいます。

あなたが「できて当たり前」だと思っていることが、生活環境や先天的な理由でできない人もいるんです。

「こんなの常識」「できて当たり前」と言う言葉は、相手を追いつめるだけで、解決策にはなりません。

「なぜできないのか?」という視点から指導することが、お互いのために大切なことなのです。

じわじわと、浸透していくように教えていこう

後輩指導でもう1つ大切なのは、結果を急ぎすぎないこと。

後輩がなかなか成長しないからといって、プレッシャーをかけてしまうと、余計に体が縮こまっていい仕事ができなくなってしまいます。

上司からうるさく言われるかもしれませんが、あなたが焦って成長を急かすと、逆効果になりかねません。

後輩を指導することで、あなたも「人を長い目で見る」というスキルを身に付けましょう。

上手くいかない場合は、相談に乗ります!

コミュニケーションというものに、正解はありません。

どうすれば上手くコミュニケーションが取れるかは、あなたの職場環境や後輩の性格、そしてあなた自身の性格によっても変わります。

そこで、今回紹介した「自分を磨くための行動」が上手くいかない場合は…

私、社内雑談インストラクター ひかり が無料で個別にメール相談を受け付けています!

  • どうやって実践したらいいかわからない
  • そもそも後輩のやる気がなさすぎて指導できない
  • 上司からのプレッシャーが辛い

こんなお悩みを抱えているあなた、1人で悩まないで、お気軽に相談してくださいね。