職場の怖い先輩には「協力してあげるという視点」「ダメなら逃げる」!

職場の先輩が怖くて、辛くて辛くて仕方ないあなたへ。

このページを見たことで、あなたが一歩前へ進んでくれると信じています。

先輩が怖くて、声をかけるのに10分かかったことがある私

こんにちは!社内雑談インストラクターの ひかり です。

私も会社員として働いていた頃、怖い先輩によく怯えていました。

業務のことで質問や報告をしなきゃいけないのに、恐怖で声をかけられず、その場で立ち尽くしてしまうことが何度もありました…(泣)


先輩を怖いと思う気持ちは、誰にでもあるものです。

あなたが臆病なわけでも、ダメ人間なわけでもありません!胸を張って怖がりましょう(笑)

それでは、数々の「怖い人」を見てきた私と一緒に、「怖い先輩」をひも解いていきましょう!

先輩が怖いのは、「先輩も必死だから」

あなたがミスをしたときの冷たい眼差し。

「このくらい普通はできるよね!?」という厳しい追及。


言葉や態度をもう少し和らげてくれてもいいはずなのに、先輩はどうしてあなたを怖がらせるのでしょうか?

実は、先輩も必死だからなんです。

あなたが先輩から監視され、厳しくされているのと同じように、先輩もまた上司に監視されています。

後輩に何か問題があると、上司はその後輩を指導している先輩を「お前がちゃんと指導しないからだ!」と、叱ります。

また、後輩の面倒を見ることによって、先輩自身の仕事が追い付かなくなることもあります。

つまり、あなたが仕事で失敗したり、何か相談してくることは、先輩にとって「恐怖」なのです。

その恐怖が焦りや苛立ちになって、先輩はあなたに冷たい態度を取ってしまうんです。

心当たり、ありませんか?


そこで、ここはいっちょ「先輩に協力する」という視点で仕事をしてみましょう。

あなたがちゃんと仕事をすることで、先輩は上司への恐怖を感じずにすみます。

すると、あなたへの苛立ちもなくなり、みんなが心穏やかに働ける環境を作ることができるのです。

ポイント
まずは「先輩への報告は、コンパクトにまとめる」「ミスが起こりそうな場合は、鬱陶しがられても先輩に確認してもらう」など、できることからやっていきましょう!

「危険なサイン」が出ている場合は、逃げる準備を

ここまで読んで、「怖くてそれどころじゃないんです!」と思ったあなたへ。

先輩への恐怖心がストレスの限界を迎えている場合、「気の持ちよう」では解決できる問題ではありません。

次のような症状がある場合、病院に行くより転職先を探すより先に、まず逃げ出してください。

  • 恐怖で職場の入り口になかなか足が進まない
  • 先輩に話しかけようとすると、冷や汗や手の震えが止まらない
  • 休みの日も気分の落ち込みがひどい
  • 朝布団からなかなか起き上がれない

私の場合、以前勤めていた会社では上のような症状を常に感じていました。

会社に行きながらカウンセリングを受けたり、抗うつ剤を飲んだりしましたが、緩やかに気力を奪われるだけでした。

限界まで頑張ってしまうと、立ち直るのに時間がかかります。
(私は社会復帰に丸2年かかってしまいました・・・)

少しでも気力が残っているうちに、自分を守ってあげてください。

お悩みが解決しないのなら、相談に乗ります!

  • 視点を変えてみても、先輩への恐怖心が消えない
  • どうすれば仕事ができるようになるのかわからない
  • 会社を辞めても、その後どうすればいいのかわからない

こんな場合は…

私、社内雑談インストラクター ひかり が無料で個別にメール相談を受け付けています!

「元・超怖がり」の私だからこそ、あなたにアドバイスできることがあるかもしれません。

1人で悩まないで、お気軽に相談してくださいね。